ネタバレありの映画批評 ムービー・インプレッションズ

ゼロ・グラビティ

2013年 アメリカ・イギリス 91分

監督:アルフォンソ・キュアロン

脚本:アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン
撮影:エマニュエル・ルベツキ
出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー

 

美しい映像をバックに、窒息死の恐怖を描く

とてもシンプルなストーリーの映画だ。
宇宙空間に放り出され、酸素が少ない中で地球へと生還する。
大意を書けば、この一行に収まってしまう。
物語の展開も「こうなるだろうな」と予測した通りに進んでいく。

宇宙空間でミッションを遂行していたライアン博士(サンドラ・ブロック)とマット宇宙飛行士(ジョージ・クルーニー)は、突然襲いかかってきた膨大な量の宇宙ゴミにより無重力空間に放り出されてしまう。

ここから映画はライアン博士の視点で進んでいく。
まずは当然のことながらライアンはパニックに陥る。目の前にあるのは、宇宙服を取れば生きていくことが不可能な漆黒の宇宙空間だ。急なトラブルによって過呼吸になり、残り少ない酸素はさらに急速に少なくなっていく。

ここで凡百のSF作品であれば緊急事態よろしく、仰々しい音楽で観ているものの恐怖心を煽るところだろう。しかしこの作品はBGMを流さず、暗闇と無音というマイナスの演出を選択する。

我々にとって一番身近にある「死」とは何だろうか。私は窒息死ではないかと思う。
風呂やプールで溺れるなど水に入るシチュエーションでなくとも、食べ物が喉につまって息苦しくなった経験は誰しもあると思う。

窒息死の恐怖を感じた時、人の脳裏には仰々しい音楽は鳴り響かない。生きようともがき、死に抵抗する自分自身の声にならない声がこだまするだろう。
暗闇と無音、激しい息遣いというシンプルな演出が、返って死の恐怖を観客にリアルなものとして感じさせるように思う。

とここまで書けば、この映画のジャンルは恐怖映画となってしまいそうだが、さにあらず。
ジャンルに分けるとするなら、エンターテイメントだと思う。それもかなり質の高い。

大げさな音楽も、見た目に派手なCGも、入り組んだ脚本もない。
酸素がなくなる恐怖からの生還、このとてもシンプルなテーマを支え、また一番の見所だと思うのは宇宙空間を表現している映像美にある。

成層圏を突破して宇宙空間から自分の目で地球を見れたのは、ほんの僅かな一握りの人間だ。それでも、その光景が美しいものであることを私たちは見聞から知っている。
なので宇宙空間を描くには、美しいものとして認識している観客のハードルを越えて行かなくてはならない。では、そのハードルをこの映像は越えることができたのかと問えば、アカデミー賞の受賞・興行的な成功と結果となって表れているように思う。

ただ苦言をひとつ。
ジョージ・クルーニーの役どころが、もうなんというか「ジョークの上手く、一見軽薄だが実は頼りになる」というスタンプで押したようないつものやつで、正直萎えてしまった。(80点)

 

Pocket



1 / 5612345...102030...最後 »