ネタバレありの映画批評 ムービー・インプレッションズ

このサイトについて

 

サイトの趣旨

“ネタバレあり”の映画批評サイトです。ネタバレありにつき、鑑賞前に記事の本文を読むと観る楽しみが減ってしまいます。ご注意ください。

DVDを借りる前にこのサイトで高評価をつけている作品をチェックしてもらったり、一つの解釈を読んでもらうことで、鑑賞した映画をより楽しんでもらうことを目的にしています。

 

管理人について

地方で商業誌を中心としたライターをやっている、40代前半の男性です。特に考えずに作品を選んでいますが、ジャンルのタグづけを見るとハリウッドのSFものが多いですね。
サイト開始は2012年7月ごろです。それ以前に観ている映画でも取り上げたくなったものは観直してアップしていきます。

 

点数について

それぞれの作品について、100点満点で点数をつけています。観たことのある映画があったら、自分が考える採点と比べてみてください。

右カラムには点数別に区分けしたカテゴリーを設けています。「おもしろいDVDなんかないかな?」と思った時は、80点以上から選ぶと外す確率が少なくなると思います。ちなみにつまらない映画はなるべく観たくないので、60点以上の作品の紹介が自然と多くなっています。そのかわり、90点以上はめったなことではつけないようにしています。

 

採点基準

一番重要視しているのは脚本です。練られている脚本、隙のないストーリーは自然と点数が高くなります。映像や音楽、配役、美術などは単体で評価せず、脚本とうまく噛み合っているかどうかを重視します。抜群に素晴らしい映像であっても、脚本と照らして必然性を感じなければ高い点数をつけません。

当サイトの傾向として、良い作品であれ悪い作品であれ、インパクトのあったものは文章が長くなっています。そういう意味では、低い点数であっても長い文章の作品は観てみる価値があるかもしれません。

このサイトがみなさんの映画鑑賞の一助になれば幸いです。

では、よい映画ライフを!