ネタバレありの映画批評 ムービー・インプレッションズ

その男、凶暴につき

1989年 日本 103分

監督:北野武
出演:ビートたけし、白竜、川上麻衣子、佐野史郎

 

暴力描写に賛辞の声。しかしどこかぎこちない

当時、コメディアンとして人気絶頂にあったビートたけしの初監督作品。

元々は深作欣二が監督をする予定だったがスケジュールの調整が難航、急遽プロデューサーの奥山和由が主演予定のビートたけしに監督を依頼したという逸話は映画ファンなら誰もが知るところだろう。

かくして後に世界的に有名となる北野武監督の誕生となったわけだが、「タレント風情がどんな映画を作る?」と上映前の下馬評はあまり芳しくなかったようだ。しかしいざ公開となるとそのハードな暴力描写に賛辞が集まり、一躍その才能は注目されることとなった。

確かに後に『キッズ・リターン』などの名作を撮る北野武の処女作という観点では意味のある作品なのは間違いないが、個人的にはあまりおもしろい映画とは思わなかった。

下積みのない新人監督らしくアングルの使い方が正直言ってよくわからない。定点カメラが異様に多く、「観てて飽きるな」と思ってみれば他の映画では見られないような凝ったアングルのシーンがある。そういうのがどこか無理しているように感じてしまう。

能面の様に感情を顔に出さないたけしと白竜の攻防。能面の様な表情を保ったまま暴力を振るうのは非情な冷酷さの表現だろうが、ステレオタイプの演出と言えて観ていて感情が揺さぶられない。

能面の様な顔はたけしの妹もそうなのだが、山場のシーンでたけしが妹を殺してしまうのは自分に似たものを感じたからか、それとも敵である白竜と同じものを感じたからか? とここで終わればそれなりの結末だと思えたがすぐにたけしまでもが殺されて、考える前にその答えが出てしまう。
ラストシーンに落ちをつけるのもちょっと…。(65点)

 

Pocket