ネタバレありの映画批評 ムービー・インプレッションズ

キル・ビル Vol.1

2003年 アメリカ 111分

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ユマ・サーマン、デビッド・キャラダイン

 

一部のファンのみが楽しめる作品を全国公開で上映

眼鏡に無精髭、「映画って結局のところ涙と笑いじゃないですか」が心情である日本の某映画監督がテレビの企画でこの映画を観させられ、「俺にこんな映画観せてどうしようっていうの。言うことなんてなんもないですよ」と仏頂面でテレビ出演していた姿が筆者的には印象的である。

まさにその通り、私にとっても、いやそこそこの映画好きで「大々的に宣伝してるしヒットしてるみたいだし」と何となく観てしまった方々のあらかたのご意見はまさに、「こんな映画観せてどうしようっていうの?」と溜息ともつかぬような何とも言えない暗澹たる心情を胸に映画館を後にしたのではないだろうか。

主人公が結婚を誓い合ったはずのビルという男に裏切られ、復讐を誓い追い掛ける。そんな単純明快なストーリーを全2編という長時間に渡って繰り広げるこの物語。

「ヲイヲイ、そんな黄色い衣装じゃ目立ってしょうがないよ」や、「日本刀使わずにマシンガンでさっさとやっつけんかい」や、「なんなんだそのとげとげの鉄球は。漫画か!」や、「やっちまいなあ!」の片言日本語まで。もう隅から隅までタランティーノが自分の趣味全開に作ったB級アクションである。

なぜこれを全国ロードショーするのか?

タランティーノが好きで彼の持つなんというか偏ったオタク志向の映画観が大好き! タランティーノの中ではジャッキーブラウンが一番の駄作だよね、スピード感ないし、みたいな人であることがまずこの映画を楽しむための一つの条件で、よしんばそれらをクリアしても、バッサバッサとためらいなく人を殺し、血がドバー、シュパー、「ルーシー・リューのあ、あたまが、ええ?」と顔をしかめた人は、一度観れば本当にもう十分。頭にこびりついた残虐映像を忘れることがなにより懸命であろう。

後者である私は一度きりでこりごり。Vol.2もまあ観ましたけど。それはまた機会があれば。(28点)

 

Pocket