ネタバレありの映画批評 ムービー・インプレッションズ

パルプ・フィクション

1994年 アメリカ 154分

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ティム・ロス、ジョン・トラボルタ、ユマ・サーマン、サミュエル・L・ジャクソン

 

内容のないストーリーに、古典的テクニックを風味

「’90年代と言えばコレ」と断言できるほど時代の空気に合った映画である。

強盗を生業にしている若いカップル、二人組のギャング、用心棒に成り下がったボクサーなど、社会的にはマイノリティに属する人間たちのターニングポイントとも言うべき「ある出来事」がオムニバス形式で展開される。

簡単に銃で人を殺したり急性麻薬中毒で泡を吹いたりと、ブラックジョークに溢れている映像は顔をしかめてしまう場面も多々あるが、テンポのいい会話や飽きさせないカット割、軽快な音楽で観客をどんどん引き込んでいく。

この映画の一番の仕掛けはそれらの出来事の時系列をシャッフルし、観客を意図的に混乱させ最後に収束させてカタルシスを与えるというテクニックにある。

これは映画に限らず小説や漫画などでも見られる使い古された手法である。このテクニックは心理描写をより浮き彫りにさせるのに効果的だ。文章でいうところの倒置法よろしく、先に結果を提示した後にその理由づけを後に示せば、何を考えて行動(決定)したのかその動機を印象づけられる。しかしこの映画の肝は、心理描写などそっちのけにこの手法を用いたところにある。

主演の一人であるジョン・トラボルタはスーツ姿で登場したかと思えば次の短編ではTシャツに短パン、さらに次の短編ではスーツ姿に戻っている。いわゆる「繋がってない」状態であるが、それを観て我々観客は時系列シャッフルに気づく。しかしそれらは無造作に組み替えられたパズルのようだ。時系列を組み替えたことで印象的になるようなトラボルタの行動や心理描写は描かれない。観客に与えられるのはちょっとした混乱だけだ。監督はそんな小さい仕掛けをクスクス笑いながら積み重ねているように思える。

大掛かりなセットや豪華スター共演のハリウッド特有の煽り文句に辟易した観客にとって、内容のないストーリーを無造作にシャッフルしたこの映画は、喝采をもって迎えられたのである。(92点)

 

Pocket